2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

48 HOT100 Night Train/TRAVIS WAMMACK

traviswammack
Night Train/TRAVIS WAMMACK(Atlantic 2387)1967

georgiefame
Rhythm And Blues Beat At The Flamingo/GEORGIE FAME AND THE BLUE FLAMES
(Columbia SEG 8382)1964

terry
The World Is Waiting For Terry/TAKESHI TERAUCHI & THE BUNNYS(King SKK 340)1967


JIMMY FORRESTの気だるくブルージーなインスト「Night Train」(1952年)がオリジナルですが、JAMES BROWNが1962年にアップテンポのR&Bダンス・ナンバーとしてR&Bチャートの5位に送り込みました。「TAMI SHOW」でのJAMES BROWNの「Night Train」は超高速なうえにTHE FAMOUS FLAMESを従えた人間技とは思えないダンスが凄過ぎですが、「アメリカ南部最速ギタリスト」TRAVIS WAMMACKのギター・インストも高速でたまりません。ドラムの連打がスピードアップし、一瞬のブレイクの後、アームをかけっぱなしにしたような独特の音で弾き倒す緊張感溢れる出来映え。このB面「It's Karate Time」をはじめ訳がわからない逆回転ブレイクが入った1962年の録音「Scratchy」など TRAVIS WAMMACKの1960年代インストものはどれも素晴らしいのですが、60年代後半からアラバマのFAME STUDIOでセッション・ギタリストとして働き、MAC DAVIS、ARETHA FRANKLIN、WILSON PICKETTなどの録音に参加、エキセントリックな面はすっかり姿を消し、1970年代はソロでもヒットも出しますが、レアグルーヴとしても「おもしろくないっすよ」などと遥か日本のDJを気取った若造に言われたりして残念です。「Night Train」のカヴァーで忘れられないのはGEORGIE FAME AND THE BLUE FLAMESの「THE FLAMINGO」でのライヴ・ヴァージョン。こちらはホンモノのモッドな熱気が漂って来ます。コンガの響きもたまりませんが、ギターは当時の英国セッション・ギタリストNO1、BIG JIM SULLIVAN。LPのジャケットもいいですが、やはりコーラは瓶からストローで飲むのがいいですね。ライヴ仕立ての熱い「Night Train」といえばアルバム「世界はテリーを待っている」収録の寺内タケシとバニーズの演奏も忘れられません。シェイク・ビートに乗ったメンバー紹介で始まり、ライナーによると「弦が熱くなって火傷をした」らしい寺内タケシ先生の白熱のプレイが燃えます。カッコいいです。
スポンサーサイト

| 60S GARAGE HOT 100 | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

47 HOT100 Motivate/THE MOTIVATIONS

motivate
Motivate/THE MOTIVATIONS(Pride 301)1963

thebirds
The Birds/THE MOTIVATIONS(Pride 301)1963


THE MOTIVATIONSはカリフォルニア、グレンデール出身でDICK DALEの影響を直接受けた高校生バンド。DICKがLEO FENDERに作ってもらった特製ショウマン・アンプと同じものを2台特注して使っていました。1963年初め、30ドルで「Motivate」ともう1曲をデモ録音。デモを気に入ったCARL BURNSのもとで黒人ピアニスト/プロデューサーのH.B. BARNUMをアレンジャーにゴールドスター・スタジオで2曲録音します。「Motivate」はメンバーのオリジナル曲で、アップテンポのリバーブが効いたワイルド・インスト。ドラム・ブレイクの後「Ah Motivate!」の叫びとともにTHE BLOSSUMSのコーラスが被って来てサックス・ソロが始まります。後半のリバーブ・ギターの嵐もたまりません。B面の「The Birds」は鳥の鳴き声が狂ったようにダビングされたヘヴィなインスト。ワイルドなドラミングとリバーブ・ボックスの尋常でない使い方がカッコいいです。こちらはH.B. BARNUM作。H.B. BARNUMは、KIM FOWLEYプロデュース、全英1位、BUMBLE AND THE STINGERS「Nut Rocker」のパクリネタのノー・ヒット・ナンバー、JACK B. NIMBLE AND THE QUICKSでも知られますが、「Quiet Village Cha Cha」や「Skakiaan」などH.B. BARNUM ORCHESTRA名義のエキゾチック系インストもリリースしていました。いったい何を考えこのワイルドなインスト「The Birds」が録音されたのか......ひょっとして当時話題のALFRED HITCHCOCKの映画「The Birds」便乗もの?

| 60S GARAGE HOT 100 | 20:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。